おせち ランキング

北海道の郷土料理糠「三平汁」は寒い冬に欠かせない

「三平汁」は鮭、鰊、鱈、ホッケなどの魚の塩引き、糠漬けにじゃがいもや大根、人参などの根野菜を一緒に煮る北海道の郷土料理で魚自体の塩味で作る汁料理です。それを我が家では「糠ニシン」で作ります。

 

 

出汁とりはせずに糠ニシンのみの塩味で調理します。


糠ニシンを焼いてほぐしておき、鍋に水、大根、人参を入れて柔らかくなったら、しいたけ、生姜、ほぐしたニシンを入れて煮ます。最後に豆腐と長ネギを加え味を整えます。気に入って食べている会社のニシンはかなり塩気が強いので、

 

 

敢えてニシン以外の調味料は使用していません。


ニシンを焼いてほぐしてから入れる様になったのは一緒に暮らしていた祖父母がニシンの細い骨に苦労しながら食べていたからです。一度焼いてから骨を取れば食べ易いですし、汁も飲み易いのでとても喜んでくれました。糠ニシンを使うのは

 

 

祖父母、両親と受け継がれてきている作り方なので・・・


自分にとって「三平汁」と言ったら、あのしょっぱい糠ニシンが当たり前の具材です。毎年冬になると必ず我が家の食卓に現れる郷土料理「三平汁」は、寒い北海道の冬には欠かせない身も心も温まる郷土料理です。