おせち ランキング

思い出の自家製の鏡餅

私の実家では子供のころから使っていたお餅つき機があり、大みそかになるとその機械を使って母親がお餅を作っていました。機械とはいえ、つきたてのお餅はとてもおいしかったので、機械に取り付けられているハネのようなパーツについた

 

 

お餅を取っては口に入れてつまみ食い


をしていました。鏡餅用とお雑煮用にとっておくお餅なので、まとめて食べると叱られるので、子どもの頃はそうやってつまみ食いをしていたのを懐かしく思い出します。

 

ついたお餅を家族みんなで丸めていくのですが、つきたてのお餅なので熱くて氷水に手を入れながら形を整えて作っていました。そして固まったお餅を二段重ねにしてみかんを乗せ、

 

 

三方の上に半紙を敷いてそのままお餅を乗せていました。


みんなで作った鏡餅がカビだす前に、お持ちの周りを削ったものをストーブの上で焼いて、焼きあがったお餅をお雑煮や納豆餅にしたり、きな粉餅、五平餅にしたりして家族で楽しく食べた思い出が今でも鮮明に残っています。