おせち ランキング

塩分控えめのトマトカレー

うちの旦那さんは、高コレステロールになりやすい体質で、医者からコレステロールを下げる薬を処方してもらっています。けれども、お菓子が大好きで、ソースや醤油をたっぷりかけるのが好きな旦那さんは、薬をもらっているからと、

 

 

食事を気をつけようという気持ちがまったくありません。


朝はパン、昼はスーパーの味の濃いお弁当を食べているので、なおのこと夜だけでも減塩を気をつけて作るようになりました。私が行っている減塩方法は、チャーハンを作るときは、ごま油で炒めて風味をつけ、塩は指でつまむ程度、

 

 

玉ねぎや人参、青物系など野菜を多く入れて一緒に炒めます。


また納豆も入れることによってうまみも出ますし、仕上げにフライパンの端に3滴ほど醤油を垂らすことによって、焦がした醤油の香ばしさが広がり、おいしく感じることが出来ます。

 

カレーを作る時も、全てカレー粉だけで味をつけてしまうと塩分が多くなってしまうのでトマト缶を入れ、ソースと牛乳か豆乳を少し入れてトマトの酸味を和らげることで、塩分控えめのトマトカレーが出来ます。