おせち ランキング

自宅でいただく事のないお屠蘇

私の故郷は秋田県横手市になりますが、故郷にいた頃のお屠蘇に関してのお話です。先ず、故郷では「自宅でお屠蘇をいただく」事はありません。「親戚・知人・他人の家でお屠蘇をいただく」事もありません。

 

 

我が地方ではお屠蘇とは「寺社で初詣の挨拶でいただくもの」という認識にあります。


「お屠蘇」そのものですが、直径7cm程の白磁の杯に大さじ1杯程度の日本酒を頂く格好になります。お屠蘇は老若男女問わず、小学生以上から「境内に招かれて初詣した者」に振舞われるものであり、

 

 

「賽銭箱に投げ銭をして鈴を鳴らしただけではいただけないもの」ものでした。


これは別に差別している訳ではありませんが、おおかた「寺の檀家」に許される行事であると認識しています。現に檀家に属していなくても境内に上がって初詣される方もいらっしゃいましたので、その際は分け隔てなくお屠蘇は振舞われます。

 

あくまでも秋田の横手地方の「お屠蘇」に関しますお話になります。恐らく今でもこの風習は変わっていないと思われます。