おせち ランキング

日本料理のおせち料理と京風おせち料理について

 

日本の素材を生かした料理が日本料理

日本料理は日本でしか採れない素材、たとえば野菜や魚などを生かして料理されたもので京風おせちは日本料理の一種に入ります。野菜や海産物など料理に利用されても乳製品はほとんど使われません。

 

日本料理は種類が多くお寿司や天ぷら、大豆製品を活かして料理されたものなどです。ですが、お好み焼きや鉄板焼きは日本料理には入らないそうです。鉄板焼きという独自の料理技法があるので日本料理とは区別されています。

 

 

また、日本料理はだし汁が決め手、鰹だしや昆布だしを使って味付けされた野菜や海産物、魚など美味しく、どちらかというと塩分は多い目です。


このように塩分が多い料理はアジア各国共通していますが、日本料理には香辛料や油脂がほとんど使われません。ラードなど動物性油脂はほとんど使われず、ナタネ油・ごま油など植物性油脂が多く使われています。

 

また日本は良質な水に恵まれた国で農作物の育成も良く素材の味を引き立たせた料理が多いです。

 

油脂はあまり使われず、素材の味付けにもお酢など体にいいものが使われ、甘みを出すのにも水あめ、みりん、砂糖少々使われるくらいであっさりした味付けのものが多いです。

 

また日本料理は和食とも呼ばれ食材を盛る器がとても美しいので、日本料理は盛り付けも重要なポイントになります。漆器、陶器、ガラスの器、食材とのバランスは繊細できわめて美しく食べるのがもったいないくらいです。

京風料理は日本料理のを更に京都の素材に限定した料理

 

自然の素材が美しく美味しいおせちとして、毎年人気なのが京風おせちです。日本料理の歴史は縄文時代からありましたが本格的におせちが広まったのが奈良時代以降で、京風おせちは江戸時代お茶といっしょに広まりました。

 

 

京風おせちは、京都の土地で採れる自然の素材を生かして料理された食材でつくられたおせちです。日本料理をお正月に自宅で楽しみたいのなら京風おせちがお勧めです。


京風おせちは、京都で採れる食材を白だしで味付けされたもので、味はあっさりしていて美味しく、素材の味が生かされ色とりどりの食材の盛り付けが美しく健康にもいいです。

 

また、京おせちと日本料理の代表格の千賀屋監修のおもてなし参道のおせちと比較してみるのも良いですよね。