おせち ランキング

2015年のお正月は匠本舗のおせちで決まりです

 

来年のお正月は匠本舗のおせちを予約したいと思い、事前に取り寄せて食べたので紹介しますね。^^

 

今年は冷凍おせちをOisixさんで取り寄せたのですが高齢の両親には冷凍のおせちに多少抵抗があったようなので先ずは試食がてら冷蔵おせちだけを取り扱っている匠本舗で取り寄せてみました。

 

 

お重は8.5寸なので通常、取り扱いの多い6.5寸のお重とは違いボリュームもありました。パックもきっちりされていたので衛生的にも問題ないと思います。

 

 

パックの上からだとイマイチ色合いが良くなかったのですがパックを剥がすと色鮮やかなおせち料理だったので安心しました。

 

 

それぞれの器に隙間なく詰められているのでボリュームも十分です。今回、取り寄せたのは京都・祇園の割烹「舞扇」が監修したおせち料理なので京風らしく、あまり色的には派手ではない印象がしました。

 

 

このお重のお勧めは小鯛俵焼で温めて食べるとより一層美味しい事間違いありません。鯛もこうして調理されていると食べ易いですし途中で食べ残す事もないので汚くありませんね。

 

 

そしてもう一品私のお気に入りにリストに入った品が子持ち昆布の松前漬けです。なめこやとろろ系の食べ物の好きな方には堪らない一品だと思います。お酒にも合いますね!

 

 

名前は和の重とされてましたが、洋風の品やスイーツ風の品も盛り込まれているお重なので個人的には三段重の中で一番愉しめたような気がします。

 

 

このお重の一品で驚かされたのが、鶏レザンパテという料理。レーズンの風味はかすかにするだけの鶏の旨みを味わえる一品でした。斬新な料理なので中々家庭では用意できないと思います。

 

 

何の料理かわかるでしょうか?烏賊の雲丹巻きという一品で鯛とイカの魚肉でにしんの卵とねりウニを固めたものを巻いているといった感じ。食感は蒲鉾より硬くてもろい感じです。味はそれぞれの味を上手く引き出しています。

 

 

栄の重は活あわびや蟹爪を使用しているので豪華です。海鮮を使用した料理が多く大人好みのお重です。

 

 

高級食材の中でも贅沢な品といえば海老とふぐの紅白串です。海老と魚肉のすり身の団子とふぐ皮と魚肉のすり身の団子を鉄砲串に刺した一品。味は上品ですり身の旨みを味わえました。

 

 

三段重を全て完食しました。本格的な京料理のおせちの中に創作的なスイーツや洋風の品も盛り込んだ斬新なおせちでした。通販のおせち料理は手間がかからないというメリットが一番大きいですがその次は家庭では中々味わえない料理を堪能できるという事だと思います。

 

ですから、価格が安価であっても中々家庭では味わえない品がプラスされていないと満足できないものですよね。今回取り寄せたおせちは品数とボリュームからすると31,500円は妥当ですが早期予約なら早割価格の22,000円で購入できるので絶対にお得です。