おせち ランキング

お正月の食事記事一覧

私の故郷は秋田県横手市になりますが、故郷にいた頃のお屠蘇に関してのお話です。先ず、故郷では「自宅でお屠蘇をいただく」事はありません。「親戚・知人・他人の家でお屠蘇をいただく」事もありません。我が地方ではお屠蘇とは「寺社で初詣の挨拶でいただくもの」という認識にあります。「お屠蘇」そのものですが、直径7cm程の白磁の杯に大さじ1杯程度の日本酒を頂く格好になります。お屠蘇は老若男女問わず、小学生以上から...

我が家ではホームパーティーを時々やります。やってくるのは、年配のご近所さんや、居酒屋で毎晩のように呑んだくれてるオジサンが多いので、パーティーメニューもどうしてもオシャレなものではなく、居酒屋風。ただ、料理をメインで作る私も、なるべく早くみんなに合流したいので特に前菜は、簡単で美味しいものを心掛けています。簡単前菜の定番はいくつかありますが先ずは飲んべえはきっと大好き、納豆チーズ油揚げ。作り方は超...

私の実家では子供のころから使っていたお餅つき機があり、大みそかになるとその機械を使って母親がお餅を作っていました。機械とはいえ、つきたてのお餅はとてもおいしかったので、機械に取り付けられているハネのようなパーツについたお餅を取っては口に入れてつまみ食いをしていました。鏡餅用とお雑煮用にとっておくお餅なので、まとめて食べると叱られるので、子どもの頃はそうやってつまみ食いをしていたのを懐かしく思い出し...

実家の母はどんな豆でもおいしく煮ることができるのです。お正月は黒豆、普段は大豆の五目煮や白豆煮、赤豆、うずら豆など、ありとあらゆる豆を煮てくれます。自宅で作る煮豆の味に慣れているせいか、お店で売っている煮豆は甘すぎと感じます。やはり一番は黒豆煮です。自宅で豆を煮るときは、まず前夜から豆を水に浸しておきます。だいたい黒豆はお正月や冬の時期に何度か煮るので、必ず石油ストーブの上でじっくりゆっくり煮てい...

2月頃から製菓製パン材料店などの専門店で麹を販売するようになります。この麹を使って、白みそを仕込んでみました。白みそは発酵、熟成期間が短いために初心者でも失敗をすることなく作れるのだそうです。この白みそは炒め物にすると美味しい。塩分も控えめなので、塩分量が気になるという方にも最適です。また麹を使って塩麹を作ってみました。塩麹は何にでも使うことができます。特に肉料理に使うと肉が柔らかくなります。から...

おもてなし料理に良く作るのが野菜のテリーヌです。簡単だけど色鮮やかで手が凝ったように見えます。中に入れる野菜を変えればパターンは無限大です!下準備として、コンソメスープの中にゼラチンを溶かし、野菜を下茹でします。野菜は本当に何でも良いのですが、パウンドケーキ型に入れて固めるので、長さが取れるものの方が楽です。例えばきゅうりやズッキーニなど。時間が経っても色鮮やかなのが、パプリカ。切った断面が可愛く...

我が家の鏡餅は本格的でした。12月の終わりに餅米をふかし、臼と杵でつくのです。男手が杵でつき、母や叔母が返し、つきあがったお餅は打ち粉をした木の板の上に出されおばあちゃんがちぎって丸めていきます。関東なのでのし餅にする分は別にしてまず鏡餅。飾る場所がいくつもあるので大小さまざまな大きさの鏡餅を丸めていきます。ひときわ大きな鏡餅は仏様の前に。小さな鏡餅は井戸の上に。お餅は2日もするとカチカチになりま...

アレルギーのこどもをもつママ友に教えてもらい、すっかりはまってしまいました。我が家は日曜日の朝はパンケーキを焼くことが多いので、1年ほど定期的に購入しています。添加物や香料などはまったく使用しておらず、焼く時に牛乳や卵は使用しませんが、粉粉しい感じはありません。また、材料もシンプルですが、北海道産小麦粉やアルミフリーのベーキングパウダーなどこだわった一品になっています。豆乳と少しの油を混ぜて焼くだ...

親戚がきた時におもてなし料理としていつも作るのが牛肉のたたきです。牛肉のたたきは簡単に作れるわりに、見栄えがよくなおかつ美味しいのでおもてなしをする時はいつも作っています。用意するのは牛肉と塩コショウ、ガーリックパウダー。たったこれだけです。この料理のポイントはお肉に焼き目をしっかりつける所です。そうする事によって見栄えもよくて、美味しさを引き立てさせます。最初は塩コショウとガーリックパウダーを肉...

これからの時期に取れる破竹は充分に時期の間頂いた後には塩漬けにして保存しておきます。破竹とは細いタケノコの事です。この破竹をサッとゆでて少し多めの塩で塩漬けにしておきます。料理する時には、前もって塩を抜くために水に漬けておく必要があります。塩が抜けた破竹は、にしんや干しシイタケなどと一緒に砂糖としょう油などで味付けをして煮物として頂くことが多いです。塩漬けにしておくことで長期保存が可能になって1年...

家の母直伝の生姜を使った保存食は、そのまま温かいご飯にかけても最高ですが、料理のワンポイントとしても使えるので本当に重宝しています。母は祖母から習ったそうです。作り方は至って簡単です。消毒した透明の瓶を用意しておきます。生姜(新生姜があれば尚可、なければ普通の生姜)を、みじん切りにします。フライパンにサラダ油を薄くひいて、そこにみじん切りにした生姜を投入します。そして、数滴だけごま油を垂らした後に...

おすすめするのは、東京吉祥寺にある塚田水産の練り物類です。以前からお店は知っていたものの、特に練り物が好きなわけでもなく購入したことはありませんでした。その後、ちょっとしたお返しにと吉祥寺在住の知人から贈られたのが、塚田水産のおでん詰め合わせでした。まあ、寒いからおでんもいいかもねと思い、おでんにしてみたところ…今までお店の前をただ通りすぎていたのを後悔するようなおいしさでした。それまでは練り物に...

北海道で美味しいかまぼこ屋さんといえば「かま栄」です。ここは北海道小樽市に本店があり、小樽市内だけでなく札幌市内や新千歳空港などにも店舗があります。かまぼこの種類も板かまぼこや揚げかまぼこなどいくつかあります。中でもおすすめなのが揚げかまぼこです。揚げかまぼこはとても美味しくて野菜が入っているものやチーズなど様々な味が食べられます。ご飯のおかずとしてもおつまみとしても合いますが、私はいつもフライパ...

海の幸が豊富でお寿司と運河が有名な港町・小樽。そこに本店を構えるのがかまぼこの「かま栄」です。シャケ、かに、ホタテ、ウニ、昆布など地元の美味しい食材を豊富に使って作られたかまぼこは、どれも絶品です。中でもお気に入りは、揚げかまぼこの「味噌南蛮」です。ピリッとした辛みが、ご飯やビールのお供にピッタリ。また、お茶請けとしても頂けます。会社帰りにデパ地下で揚げたてを購入すると、帰宅までの道のりが長く感じ...

うちの旦那さんは、高コレステロールになりやすい体質で、医者からコレステロールを下げる薬を処方してもらっています。けれども、お菓子が大好きで、ソースや醤油をたっぷりかけるのが好きな旦那さんは、薬をもらっているからと、食事を気をつけようという気持ちがまったくありません。朝はパン、昼はスーパーの味の濃いお弁当を食べているので、なおのこと夜だけでも減塩を気をつけて作るようになりました。私が行っている減塩方...

秋田県 八郎潟駅からほど近いお餅屋さん、畠栄は、小さくシンプルな売り場ながら、駐車場はしっかりとあり、客足の絶えないお店です。それほど有名ではないと思いますが、秋田の人は知っている人が多く、ネットでも美味しいとの声が多数聞かれます。一度買った人はおそらくリピーターになるのでしょう、私もその一人です。ここのあんごま餅は、お弁当箱くらいのプラスチックトレーに入っていて620円、一見高級感はありませんが...

私の郷土料理レシピは中身汁です。これは私の故郷沖縄の伝統料理で豚モツを茹でて野菜などを入れて作るお吸い物です。お祝い事の時は必ず作りますが、夏バテの時にスタミナ汁としても作る事があります。中身汁を作る際に一番重要なポイントは豚モツ独特の臭みを3度程茹でて完全に取り除くことです。我が家は豚モツを茹でる前に塩麹で揉み冷蔵庫で少し寝かした後でお酒・生姜を必ず入れて茹でます。こうすることにより豚モツの柔ら...

我が家の郷土料理は「餡餅雑煮」です。結婚するまで餡餅雑煮が普通の香川県で暮らしていましたが、県外の主人が餡餅雑煮に驚いていたため、私はそこで初めて餡餅雑煮が香川県の郷土料理だということを知りました。とてもおめでたい意味が込められている、この餡餅雑煮は、お正月に食べます。年末には家族みんなでお餅をついたり、出汁を取ったりしてお雑煮を作る準備をします。私も小さいころから具材を着るお手伝いをしていました...

北海道の札幌市の隣町の石狩市は郷土料理の石狩鍋が有名です。石狩市は石狩川の河口に位置して毎年鮭が遡上してくるので昔から鮭漁が盛んでした。そこで誕生したのが石狩鍋という訳です。石狩市で石狩鍋などを食べられるお店は金大亭あいはらと2件ありますが、ここでは訪れたことのあるあいはらを紹介します。基本完全予約制です。人数が多い場合は絶対予約が必要です。定休日は月、火曜日です。ここで忘れてはいけないのは冬季は...

日本の家庭で季節を問わずに食卓に上げられる魚と言えば鮭ですね。焼き魚と言えば鮭!という方も多いですが、炊き込みご飯だってそれに負けずに美味しい一品。鮭は生臭くなってしまいがちですが、コツを掴めば絶対生臭くないように美味しく作れます。誰でも失敗しないお手軽炊き込みご飯レシピをどうぞ!材料は4人分お米…400g鮭切り身…4枚(冷凍OK)顕粒だし…小1袋うすくち醤油…大さじ3杯(※普通の醤油なら大さじ2...

北海道で支笏湖、洞爺方面にドライブに出掛ける時に大抵、皆が立ち寄るところがあります。その名はきのこ王国。伊達市の大滝地区に本店があるのですが店名の通りきのこの商品がたくさんあります。なめ茸の瓶詰めや取れたてのきのこの詰め合わせ、きのこの収穫体験も出来るこの場所ですが、レストランが併設されており、きのこのメニューが豊富で休日にはたくさんの人で賑わいます。きのこを使った天ぷらやカレー、蕎麦、拉麺などの...

私も主人も蕪は大好きです。野菜全般そうですが、農産物直売所のような所で買った方が、野菜のみずみずしさが全然違いますので、スーパーではあまり野菜は買いません。道の駅や畑の横で個人で売っている無人販売などにわざわざ買いに行きます。蕪は、そういった直売所だと葉つきで売られていますので葉っぱがたくさんついている物を買ってきます。袋詰めするサッカー台の下に葉っぱを切って捨てていってしまう人が結構いますが勿体...

私のオススメする和菓子は「茜庵」の「ゆうたま」という商品です。本店は徳島県の徳島市にあるのですが、他府県では唯一大阪のルクアイーレの中にあります。またインターネット上でも同様の商品の購入が可能です。価格は2千円〜3千円程度で10個くらい入っています。おすすめの和菓子というからには、ただ美味しいだけでなく、見た目でも楽しめる必要があります。この「ゆうたま」という商品は色鮮やかで綺麗で可愛らしく、それ...

金時人参の濃厚な味わいと、鮮やかな色合いを生かしたおすすめのひと品が金時人参のキャロットラペです。作り置きができるので、我が家では常備菜として活躍しています。材料は、金時人参 1本くるみ 5粒すし酢 大さじ1オリーブオイル 小さじ2レモン汁 小さじ1塩・胡椒 少々です。材料費は200円〜300円程度です。作り方は、金時人参を千切りスライサーで細い千切りにして塩を振ります。しばらく置いたら水気を絞り...

ホクホクとした独特の食感が魅力の百合根。そんな百合根の美味しさを生かした我が家で人気のある料理は、百合根の和え物です。近くのスーパーに、近郊農家で採れた新鮮野菜を販売しているコーナーがあるのですが、そこで百合根が比較的安く購入できることから食卓に乗る回数が増えました。親戚から、和え物にすると美味しいと聞き、当初は醤油とかつおぶしで百合根を和える「百合根のおかか和え」を作っていました。その後、味付け...

我が家ではサトイモを使ったグラタンを作っています。マカロニの代わりにサトイモを使用して作るのですがサトイモの食感とホワイトソースのクリーミーさがとてもマッチしていておいしいです。材料はホワイトソースとろけるチーズサトイモむきえびバターです。ホワイトソースを一から手作りするのは大変ですので、すでに完成している市販のものを使用して時短します。作り方ですが、皮をむき、一口サイズの薄切りにカットしたサトイ...

鮭などの焼き魚をよく調理しますが、魚料理は楽だからついつい焼いて塩コショウ・・・が定番になってしまっていました。かといって煮るのは手間がかかるし。そこで、ホイルを使った蒸し焼きをするようになりました。魚だけでは少し寂しいので、野菜やキノコを添えてホイル焼きをするようになりました。材料は魚の切り身(たら、カレイ、サケなど)エノキタケしめじバター作り方はアルミホイルに魚の切り身を置く。その横にエノキタ...

大通公園に近く、地下鉄大通駅19番出口そばの喫茶店さえらは北海道らしい豪快なサンドイッチで地元でとても人気です。地元の人気から火がつき、今では観光客の方も多数みかけるようになりました。お店は地下にありカフェというより昔ながらの喫茶店です。メニューは何といっても種類の多いサンドイッチが評判です。北海道的というか大陸的なおおらかさで、とにかく具材がびっちりつまっているのでサンドイッチとはいっても男性の...

西鉄福岡の井尻駅から歩いて30秒の定食屋さん「中村屋万福亭」なんてすが、とにかくメニューが豊富ですね。定食は鶏肉系、豚肉系、焼き魚、その他メニュー数多くあります。丼物もあり近隣の学生さんから会社員の方が多く利用されてるようです。私も転勤で近くに引っ越してきて気軽に通えるお店はないかなぁと思っていたのでこれから常連になりそうです。私が一人で入店して食べたのは鶏のチリソース定食です。鶏が一枚くらい使わ...

私が福岡で気に入っている食事処は福岡市祇園駅から歩いて約5分の餃子屋で、博多祇園鉄なべという店舗名です。初めて鉄なべ餃子に行ったきっかけは、2年前に行った新婚旅行でたまたま近くのホテルに泊まることとなり、晩御飯をどこで食べようかと捜し歩いているときに見つけました。特別に餃子が食べたいという気持ちではありませんでしたが、店の雰囲気に魅了されてしまい入店しました。店に入ると座る場所に困るくらいの混雑で...

「三平汁」は鮭、鰊、鱈、ホッケなどの魚の塩引き、糠漬けにじゃがいもや大根、人参などの根野菜を一緒に煮る北海道の郷土料理で魚自体の塩味で作る汁料理です。それを我が家では「糠ニシン」で作ります。出汁とりはせずに糠ニシンのみの塩味で調理します。糠ニシンを焼いてほぐしておき、鍋に水、大根、人参を入れて柔らかくなったら、しいたけ、生姜、ほぐしたニシンを入れて煮ます。最後に豆腐と長ネギを加え味を整えます。気に...

子供が大好きなおせち料理といえば「栗きんとん」ですよね。おせち料理には馴染みの深い品なので勝手におせち料理と思いこんでいるのですが先日楽天が行っている「楽天グルメセレクション」という認定制度で「100%本物の栗きんとん」という商品がグランプリを獲得しましたよね。ですが見た目はおせちの栗金団とは違うようです。スイーツという括りで認定されたのは7商品ですがその頂点が「栗きんとん」ということなので栗きん...